エブリイワゴン 値引き交渉入門 終盤編

 

値引き交渉中盤編で、エブリイワゴンから値引きを引き出せたら、いよいよこの終盤編では、大幅値引き達成のため詰めの交渉に入ります。

 

 

エブリイワゴン同士の競合

 

終盤編では、エブリイワゴン同士の競合で攻めていきます。隣の県も含めた経営の異なるスズキディーラー同士の競合で交渉しましょう。

 

もし、経営の異なるスズキディーラーが複数なければ、タウンボックスやスクラムワゴン、NV100クリッパーリオなどエブリイワゴンのOEM車(中身はエブリイワゴンと同じでメーカーが違う)と最後の競合をしていきましょう。

 

スズキのディーラーに行ったら、ライバル車と迷っている状況からエブリイワゴンに絞った事を伝えます。

 

しかし予算が足りないので、他のスズキディーラーや、タウンボックスの三菱、スクラムワゴンのマツダ、NV100の日産とも商談している事を伝えて、エブリイワゴン同士の競合を煽ります。

 

 

ハンコを捺す前の最後の一押し

 

エブリイワゴン同士の競合、またはOEM車とエブリイワゴンを競合させたら、最後の購入条件をセールスマンさんに伝える時に、ちょっと無理かな?と思う金額を要求します。

 

 

ディーラーの提示金額が150万円として、こちらの希望額が145万円なら、それよりも低めに「140万円になれば契約します」と言ってみると良いでしょう。

 

セールスマンさんが、「それでやります!」と言って来たり「140万は厳しいので145万でどうでしょう?」と言ってくれば作戦成功!目標達成です。

 

しかし「148万が目一杯です」とか「代わりにガソリン満タンで納車しますのでこれで決めてください!」など何らかの妥協案を提示してくる事があります。相手も商売なので・・・

 

もちろんそれで納得してはいけません。「ではETCを無料で付けてください」「サービスでボディコーティングをしてください」など自分で納得できる無料サービスを要求すると良いでしょう。

 

すでに金額的にギリギリの条件なら、数万円程度のオプションサービスが通りやすいです。

 

他にも端数のカットや車庫証明費用・納車費用などの手数料カット、冬タイヤの履き替え工賃無料などのサービスを付け加えてみるのも良いでしょう。

 

そして自分の納得できる条件になったら、めでたくエブリイワゴンの契約となります。

 

 

下取り車がある場合は

 

取り車がある場合は、最後の最後で査定金額がさらにアップする可能性があります。そうなればエブリイワゴンの支払額をさらに下げることが出来ます。

 

その方法は下取り車を最も高く売るには?で紹介していますので、合わせてご参考下さい!

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スズキ エブリイワゴンを安く買おう! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com